簡単にはいかないのも事実です

だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実はないと逃げられたら、有利な条件で離婚できません。

そのためには、絶対確実な証拠が必要です。探偵の浮気調査を例に挙げても失敗したりするようです。

探偵が浮気調査に精通しているといっても、失敗することが全くないとは言えません。

配偶者がいきなり車や電車を使ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。

加えて、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠入手が困難です。

探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。

言うまでもありませんが、調査員が少ない人数なら安く、多いほど高くなります。

また、尾行の時に車とかバイクで行う場合、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認するべきでしょう。

飲食店などの領収証の記載には定食の数から一緒にいた人の数が記載されている可能性があるので、浮気と特定する材料となります。

ほかに、クレジットカードで決済した時は毎月きちんと目を通すようにします。
わくわくメール

仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、浮気相手と宿泊した想像されてしまう事があります。

探偵の場合には、誰かに不審に思われないようきめ細かく配慮しながらいわば地道な調査方法を取りますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、興信所から来たことを明かしてオープンなやり方で情報を集めるようです。

そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、一方、興信所は情報を集めることが上手だと見てよさそうです。

頻繁に掛かってきたりまた、掛けているその電話番号に掛けていたりしたらそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性がとても高いと言えるでしょう。

そういったことが見受けられたらその電話番号の相手を断定することができますね。

ですが、気の回るパートナーですと、電話での連絡を浮気相手ととったのちにはしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。

レシート、クレジットカードを調べると浮気のことがわかるものをつかむ事もできるかもしれません。